タッチ!

スマートフォン用サイト

近畿大学 福岡キャンパスホームガールズトーク

ガールズトーク

ガールズトーク POINT1 きめ細やかな教育環境で女子力もアップ 入学後から基礎ゼミ、教養講座に始まり、少人数制のクラス担任制度など、産業理工学部ならではのきめ細やかな教育を全学年次で実施しています。教員1人あたりの学生数が約6人という少人数教育環境の中、女性ならではの視点を生かして研究をすすめることができます。 POINT2 女子に人気の資格が取得できる 卒業時に、社会に出てから役立つ資格が無試験で取得できます。 POINT3 女子向け施設が充実 緑豊かなキャンパスには「理工ガールズ」が研究に打ち込んだり、講義の合間に「ほっ」と一息つける施設がたくさんあります。 例えば、世界的企業との協同研究棟「分子工学開発チームで学べる環境があります。 またベーカリーショップが併設されたログハウス「バウヒュッテ」は、木のぬくもり漂う女子学生憩いのスポットです。 また、スタイリッシュでホテルのようなたたずまいの学生寮「セトル飯塚」は、女子専用フロアもあり、オートロックでセキュリティも万全です。 時代をリードする機能性材料を研究する「分子工学研究所」は、国際的にも多くの実績を上げています。 木のぬくもりが感じられる「バウヒュッテ」の外観。併設ベーカリーの焼きたてパンも人気! 植木さん:スマートフォンアプリの開発に興味があり、情報系の学部を探していました。 産業理工学部の特色でもある少人数教育は、先生とのコミュニケーションが密になり、 より深く学べると思い、決めました。 能津さん:もともと物理が好きで、中でも電気回路が好きでした。キャンパスの近さや就職率の高さなどもポイントでした。 田中さん:私は物理が苦手でしたが、生物は得意で…。 能津さん:私と逆だ(笑)。 田中さん:(笑)。それで、バイオとか医薬品開発に興味があったんです。近畿大学は、近大マグロなどがメディアでも大きく取り上げられ、知名度が高まったこともあり志望しました。卒業生の就職先が全国区であることも心強く感じました。 井手上さん:経営学やマーケティングに加え、人間工学や外国語などのさまざまな角度から組織を経営する力を身につけることができるのは、ここしかないと思いました。 森下さん:建築もデザインも両方学べる学科に行きたかったことが主な理由です。興味のあることを、広く深く学べると思いました。 植山さん:女子は目立つし少ないからこそ、先生から顔と名前を 覚えてもらいやすいような気がします。講義で分からない 箇所も、先生との距離が近い分、質問しやすいです。 森下さん:先輩たちからもやさしくしてもらえますよね! 能津さん:私の場合は女子が少ない学科ですが、入学してすぐの 宿泊研修の時に、同じ学科の女子の先輩と仲良くなってからは、ランチをしたり、勉強を教えてもらったり、何かと可愛がってもらっています。 植山さん:あと、男子もやさしかったり(笑)。 一同:そうそう! 井手上さん:サークルのつながりも大きいですよね!私は吹奏楽部に入っていますが、先輩・後輩、他学科の友だちなど、人間関係がグンと広がりましたよ! 田中さん:女子が少ないからこそ、逆に女子同士の 仲が良くなるのもあるんじゃないかな。 あと、バウヒュッテのパンが安くて おいしいのも、女子学生には人気ですよね♪ 植山さん:将来は、情報学科の学びを生かして、創作関係の仕事に就きたいです。個人制作というよりも、いろんな人と考えを出し合って、一つのものをつくる、そういう仕事がしたいですね。 プロジェクションマッピングなどに興味があります。 能津さん:私は、人の役に立つものをつくれるようになれたらと思っています。自分の祖父が電気系統の仕事をしていて、多くの人の生活を支えていたので、自分も同じようになれたらいいなあと。 井手上さん:吹奏楽部に所属している関係で、附属の高校や母校の中学校に指導に行っているんですが、教えているうちに教育に携わる仕事に就きたいと思うようになりました。今は、高等学校教諭一種(商業)の免許状取得を目標に勉強に励んでいます。 森下さん:将来の夢は、住宅のデザインに関わる仕事に就くことです。小さい頃から紙で家の模型をつくったり、見たりすることが好きで、自分で家のデザインを考えてみたいと思うようになりました。 田中さん:みんなすごいなあ。私の夢はまだまだ漠然としていますが、大学で学ぶうちに化学が楽しくなってきて。現在では、 無機化学について深く学びたいと思うようになりました。大学院進学も視野に入れ、勉強に取り組んでいます。 井手上さん:女子が少ない分、みんなとっても仲良し!ゼミやサークルなど、どんどん人のつながりが増えていきますよ。 能津さん:合同講義などでも、 自然と仲良くなれますし、私は全学科に友だちがいます! 田中さん:理工系の学部は男子が多いイメージがありますが、私のいる生物環境化学科は、半分近くが女子です。産業理工学部は、化学や情報、建築、経営など、理系科目以外にも文系科目も学ぶことができますし、きっと皆さんが興味を持っている分野もあると思うので、探してみてください! 植山さん:入学したらサークルへ!人間関係が広がり、大学がより楽しくなると思います! 森下さん:キャンパスはコンパクトですが、毎回の教室移動が楽でいいし、自然がいっぱいです。私たちと一緒に楽しい大学生活を送りましょう。皆さんの入学を待っています! 女子も安心!学生寮セトル飯塚 学生寮「セトル飯塚」外観 室内インターホンで来訪者の確認ができて安心 ロフト式の室内はテレビ、冷蔵庫、エアコンなど家具も完備 食事室はシックなログハウス。ゆったりと食事が楽しめます。

セトル飯塚について

ページトップ