タッチ!

近畿大学 福岡キャンパスホーム学部・学科紹介情報学科

情報学科

システム開発からメディアクリエイト、データ分析まで、高度情報化社会を支える情報エキスパートを育成

情報を自在に活用し、役立てるため情報技術の基礎から応用までを幅広く学ぶ

情報学科では、日々進化し続ける現代の情報とうまく付き合い、自在に活用して社会 に役立てることができる人材を育成しています。そのため、ソフトウェア、ネットワーク、 メディア、データサイエンスについて基礎から応用までを幅広く学び、情報の持つさま ざまな形式に触れることで、情報を科学的に扱う姿勢を養います。さらに、初年度から 始まる豊富な演習科目を通じて、コンピュータ未経験者や文系出身者も、興味と適 性に応じてきめ細かな指導を受けることができます。また、プロも使用する最先端の コンピュータ設備、ネットワーク機器が揃う環境で、実践的な力を身につけます。

ITエンジニア、メディアクリエイター、
データアナリストなど広く活躍できる情報エキスパート

チーム演習を通じて、最先端のIT技術、スマートフォンアプリやSNSなどのWebコンテ ンツの企画・設計、メディアコンテンツに欠かせないCG、音楽、動画制作、膨大なデー タから必要な情報を抽出し活用するための統計解析予測モデルの構築など、情報を 自在に活用できる実力を養います。現代社会の基盤を支える情報技術について学ぶ ことで、卒業後は、自動車、医療・福祉、金融、流通、食品をはじめとするさまざまな業種・ 企業におけるシステム開発、ネットワーク構築、メディア制作、マーケティング・データ分 析ができる情報エキスパートとして幅広く活躍することができます。

コース紹介

毎日の暮らしを楽しく、安心・快適にする研究は続きます

情報エンジニアリングコース

使いやすさを考え、スマートフォンアプリを 自分で開発
[ ソフトウェア研究室 ]

私たちの生活に欠かせないスマートフォ ン。そのアプリをより使いやすくするため の研究をしています。基本的な開発方法 を仲間と一緒に学び、最終的には自分で 考えたアプリを構築してインターネット上 に公開します。公開後は、利用者のツイートやコメントを参考に改良を重ねま す。開発方法は目まぐるしく進化していま すが、その技術を仲間と一緒に学習して 身につけ、利用者の反応を取り入れて改 良し続けることで、開発のプロフェッショ ナルとしての能力を磨いていきます。

メディア情報コース

3Dプリンタで3Dモデルを自由自在に作成[ 画像処理研究室 ]

幅広い分野で普及し始めている3Dプリン タですが、まだまだ使い方は確立していま せん。研究室では、CGソフトで作成した 3Dモデルをもとに、3Dプリンタでさまざま なものを作成しています。介護用具、機械 部品、パソコン関連部品などのデザインから作成までを行い、完成品の使い勝手、デ ザイン性、強度などを検証しています。最 大の特徴は、既製品と異なり、ユーザーの 好みのままに、満足のいくまで何度でもデ ザインを修正できるところです。今後さら に、その可能性を探っていきます。

データサイエンスコース

情報を発掘するデータサイエンティストを養成[ 人間情報研究室 ]

インターネットなどの情報サービスには、多 種多様なデータが蓄積されています。この データの分析を通して、新しいアイデアを抽 出するのが、最近注目されているデータサイ エンティストです。本コースは、膨大なデータ から有用な情報を発掘する能力を持ったデータサイエンティストを養成します。データ を適切に集め、整理し、最大限に活用でき るように、データサイエンスの理論的基礎と 分析ソフトウェアを扱う専門知識を身につ け、データを社会に役立たせる生きた情報 にするノウハウを学びます。

目標とする資格・検定

  • 高等学校教諭1種(情報・工業)
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • CGクリエイター検定
  • CGエンジニア検定
  • Webデザイナー検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • マルチメディア検定
  • 統計検定
  • 技術士 など

カリキュラム

最先端の設備・機器と講義の知識を生かす豊富な演習科目が、

情報を自在に活用し、科学的に扱う姿勢を持つ情報エキスパートを育てます

情報学プロジェクトⅡ データベース ソフトウェア開発演習
情報学プロジェクトⅡimg データベースimg ソフトウェア開発演習img
希望テーマに沿って所属するゼミを選択。チームを 組んで実社会で役に立つシステムを作成します。ま た、その成果を全員の前で発表することで自己ア ピールの能力も育成します。
1、2年次に学んだ技術をもとに、企業向けのソフト ウェア開発やプロジェクトチームで行うソフトウェア の企画、設計、開発、品質保証などを協力して進め る実践的な演習です。
データベースの設計ができなければアプリをつくる ことはできません。情報システムの中核であるデー タベースの理論から基本性能、実際の構築方法ま でを学びます。

※カリキュラムは2016年度の予定であり、2017年度は変更になる場合があります。

職種別進路先

円グラフ

主な就職先

【情報通信業】富士ソフト/メイテック/NECフィールディング/アルファシステムズ/日本システムウエア/ GMOクラウド/ヴィンクス/富士通システムズウェブテクノロジー/NJCソフトウェア/住友セメントシステム 開発 【製造業】日立化成オートモーティブプロダクツ/日立オートモティブシステムズ阪神/アイテックシス テム 【建設業】サンテック/奥村組土木興業/特殊電極/西日本電気システム 【運輸業・郵便業】九 州旅客鉄道 【卸売業・小売業】ビックカメラ/ミスターマックス/コスモス薬品/ダイレックス/トライアルカ ンパニー/テクマトリックス/アプライド/東四国スバル/ダリア/栃木屋 【金融業・保険業】SMBCフレンド 証券/ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 【宿泊業・飲食サービス業】あきんどスシロー/アレフ  【複合サービス事業】日本郵便/田川農業協同組合/大分県農業協同組合 【サービス業】アルプス技 研/VSN/日本テクシード/アビスト/フォーラムエンジニアリング 【公務員】防衛省航空自衛隊/鳥取県 警/福岡県警/呉市役所/広島県府中市役所 【大学院進学】九州工業大学大学院/兵庫教育大学 大学院/近畿大学大学院

(2014~2016年3月卒業生)

卒業論文紹介

4年間の学びの集大成。一人ひとりが興味と情熱を形に残す。

ビットコイン型仮想通貨のブロックチェイン技術
による電子投票の可視化

北島瞳さん 情報学科 4年 丸林 恵さん 福岡県立嘉穂高校出身

話題を呼んだ仮想通貨ビットコインには、ブロックチェインという技術が使用されていました。これは分散型のコンピュータネットワークによる一種の認証システムですが、この技術を利用した電子投票の社会実験を行いました。具体的には、門司港レトロ地区のイベント人気投票を電子的に行うシステムを開発し、投票結果を解析。結果を多様な視点からグラフに表すための可視化プログラムを作成しました。

その他の論文例

ビットコインを用いたモバイル決済システム

美容室の経営効率化のための予約管理システムの開発

AR.Droneを用いた人追跡撮影システム

形式概念解析を用いた声優の分析

絵本のキャラクター検出器作成

視覚復号型秘密分散法による鍵の生成

近畿大学産業理工学部 情報学科情報ページはこちら

その他の学科を見る

経営ビジネス学科 生物環境学科 電気電子工学科 情報学科

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームボタン