近畿大学

ENGLISH 近畿大学ホーム

HOME > ニュース・トピックス

ニュース・トピックス

ニューストピックス

2015/07/14

ニュース

【朝日新聞掲載】放射性セシウム除去コンクリートブロック開発しました。

近畿大学産業理工学部 生物環境化学科教授・荒川 剛は、高い吸水性および放射性セシウムの除去力を有する、
新しいコンクリートブロックを開発しました。
汚染水の除染活動の新たな打ち手となるもので、放射性セシウムの残留率が急激に低下、90%を上回る除染率を
持つことが確認されました。



本コンクリートブロックを、高濃度に放射能汚染されている地域(ホットスポット)や、汚染水を含む湖沼などに
設置することで、簡単で効率の良い除染が期待できます。



また、近畿大学が全学を挙げて推進している「『オール近大』川俣町復興支援プロジェクト」の一環としても、
本研究成果を応用できるものと考えています。
なお、本研究成果については福岡ILB株式会社と共同で特許出願しています。


 

【“オール近大”川俣町復興支援プロジェクトについて】

近畿大学が、13学部48学科を擁する総合大学としての研究力を生かし、総力を挙げて東日本大震災に伴う原発
事故により一部が避難指示区域に指定された川俣町の早期復興を支援するために立ち上げた学部横断プロジェ
クトです。

地場農産業の活性化や教育・文化の育成などの「復興支援」と、除染や健康管理など被災からの「再生支援」の
二面から、町の方の意見を取り入れながらサポートしています。  
 

20150717コンクリートブロック(朝日新聞).pdf
 
詳細はこちら

産業理工学部の取組

当学部が行っている、様々な活動や施策をご紹介します!

  • 入試情報サイト
  • エコ出願
  • 就職サポート

近畿大学 産業理工学部

〒820-8555 福岡県飯塚市柏の森11-6
TEL.
(0948)22-5655
FAX.
(0948)23-0536
マップが表示されない場合は、ブラウザのJavascriptが有効になっているかどうかお確かめ下さい。
pagetop▲