近畿大学

ENGLISH 近畿大学ホーム

HOME > 学科紹介 > 建築・デザイン学科

建築・デザイン学科

学科紹介

「モノづくり」をキーワードに多角的な視野を持った建築家・デザイナーを育成

1学年募集人数 90人

めざすのは、豊かな暮らしと快適な環境を創り出す建築家や工業デザイナー、WEBデザイナー

コース選択(3年次前期)

  • 建築工学コース
  • 建築・デザインコース
“ものづくり”のための知識・技術とそれを伝えるプレゼンテーション力を学ぶ
1・2年次の基礎科目では、構造力学やCADについて学修し、3年次からはそれぞれのコースに分かれ、より深く実践的に学んでいきます。特に、建築構造、建築環境、建築生産、建築設計に加え、デザイン分野の演習では、第一線で活躍するプロが直接指導。都市計画に基づいたまちづくりから住宅や店舗、オフィスビルといった建物の設計、工業製品、インテリア家具、Webなどのデザインまで、ものづくりに必要な知識と技術を養います。また、自分のつくりたいもの、つくったものを相手により良く伝えるための手法を身につけるため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力など、総合的なプロデュース能力も磨きます。さらに木工室・金工室を同時に備える全国的にも珍しい施設・設備があり、意欲的にものづくりに取り組む環境が整っています。
広い視野と倫理観、磨かれた感性をもったプロの建築家・デザイナーに

トピックス 安心で豊かな未来をつくる研究、アプローチはさまざまです

建築工学コース

建築物の地震対策および構造デザインについて[ 建築力学研究室 ]

建築工学コースでは、建築に関する専門的な知識や技術を学びます。例えば、地震の揺れや損傷を低減する免震装置や制震装置、力学を利用した建築物のデザインについて研究しています。主に、溶射技術を応用して滑り面の劣化や摩擦を防止する「滑り型免震支承」、木質住宅の筋かいを工夫して地震エネルギーを吸収させる「木質住宅用摩擦ダンパー」、細胞の特性を応用して建築物のカタチを創生する「構造デザイン」について研究しており、高い専門性を身につけることができます。

地震大国・日本でも安心して過ごせる建物を
建築・デザイン学科 4年 堀 ひとみさん 福岡市立福岡西陵高校出身

熊本の地震がきっかけで、建物の被害を軽減する免震に興味を持ちました。そこで、滑り型免震支承における滑り面の管理は重要であるため、耐候性および耐摩耗性に優れた滑り型免震支承について研究しています。将来は、この研究で得た知識を生かし、地震に強い建物を設計したいです。

建築・デザインコース

人の暮らしへの深い考察をもとにデザインする[ 情報デザイン研究室 ]

私たちの身の回りには、誰かがデザインしたものがあふれており、私たちが生活する居住空間も、さまざまなデザインが集まってつくられています。建築・デザインコースでは、建築物だけに留まらず、家具、インテリアやCGまで幅広く学びます。情報デザイン研究室では、情報を正確に分かりやすく表現することだけでなく、企業の方々と協力して製品の企画を考えることもあります。これまでに学生のアイディアが商品化され、意匠登録されたこともあり、学生たちは常に意欲的に楽しく制作に取り組んでいます。

デザインの評価方法を学び、空間設計に応用したい
建築・デザイン学科 4年 岡村 明治さん 鳥取県米子東高校出身

感覚的に良い・悪いと判断していたデザインの評価を、心理学的、統計学的に分析し明確にする研究をしています。現在は平面的なデザインをテーマにしていますが、いずれは空間設計デザインに応用するのが目標。例えば、人間の居心地に関する快・不快なども分析できるようになればと考えています。

カリキュラム 工学の基礎に建築系・デザイン系の科目が揃った充実のカリキュラムで、社会で必要とされる建築家、デザイナーを育てます

  必修科目 選択必修科目 選択科目






  • 数学及び演習
  • 物理学
  • 静定構造力学Ⅰ及び演習
  • 静定構造力学Ⅱ及び演習
  • 不静定構造力学及び演習
  • 建築と構造
  • 鉄筋コンクリート構造
  • 鋼構造
  • 建築材料
  • 施工法Ⅰ
  • 施工法Ⅱ
  • 施工管理及び演習
  • 環境概論
  • 建築設備の基礎
  • 建築・デザイン演習Ⅰ
  • 建築・デザイン演習Ⅱ
  • 建築設計Ⅰ
  • 建築設計Ⅱ
  • 建築設計Ⅲ
  • 建築設計Ⅳ
  • 建築工学実験
  • 建築法規
  • 建築技術者倫理
  • プロジェクト研究
  • 卒業研究
  • 基礎構造
  • 構造設計及び演習
  • 建築と環境
  • 都市と環境
  • 建築設備の計画
  • 設備設計及び演習
  • 環境とデザイン
  • 近現代建築論
  • 住まいの計画
  • 地域施設の計画
  • 建築計画
  • 空間造形
  • 都市計画
  • 基礎造形
  • 造形演習
  • デザイン企画論
  • インテリアデザイン論
  • インテリアデザイン演習
  • 画像設計演習
  • 視覚表現演習
  • 建築メディア論
  • プレゼンテーション演習
  • CADトレーニング









  • 静定構造力学Ⅰ及び演習
  • 建築と構造
  • 建築材料
  • 施工法Ⅰ
  • 環境概論
  • 建築設備の基礎
  • 建築・デザイン演習Ⅰ
  • 建築・デザイン演習Ⅱ
  • 建築設計Ⅰ
  • 建築法規
  • プロジェクト研究
  • 卒業研究
  • 環境とデザイン
  • 近現代建築論
  • 住まいの計画
  • 地域施設の計画
  • 建築計画
  • 空間造形
  • 数学及び演習
  • 物理学
  • 静定構造力学Ⅱ及び演習
  • 不静定構造力学及び演習
  • 鉄筋コンクリート構造
  • 鋼構造
  • 基礎構造
  • 構造設計及び演習
  • 施工法Ⅱ
  • 施工管理及び演習
  • 建築と環境
  • 都市と環境
  • 建築設備の計画
  • 設備設計及び演習
  • 都市計画
  • 基礎造形
  • 造形演習
  • デザイン企画論
  • インテリアデザイン論
  • インテリアデザイン演習
  • 画像設計演習
  • 視覚表現演習
  • 建築メディア論
  • プレゼンテーション演習
  • 建築設計Ⅱ
  • 建築設計Ⅲ
  • 建築設計Ⅳ
  • CADトレーニング
  • 建築工学実験
  • 建築技術者倫理

PICK UP

  • 建築設計Ⅱ
    戸建て住宅、事務所建築、幼稚園の設計製図の演習を通して建築設計の進め方を学習。国家資格である建築士試験の受験を念頭に置き、建築図面の描き方を身につけます。
  • 建築工学実験
    鉄筋コンクリート梁・壁などの構造体、熱・光・音などの建築環境に関する試験や計測を実施。機器の取り扱いやデータの整理方法などを習得します。
  • 視覚表現演習
    華やかで持ち運びしやすいフラワーボックスを、学生がデザインし、企業との協力で商品化するなど、より実践的なデザイン力を身につけます。作品が採用されることで、やる気向上にもつながっています。

※カリキュラムは2017年度の予定であり、2018年度は変更になる場合があります。

産業理工学部の取組

当学部が行っている、様々な活動や施策をご紹介します!

  • 入試情報サイト
  • エコ出願
  • 就職サポート

近畿大学 産業理工学部

〒820-8555 福岡県飯塚市柏の森11-6
TEL.
(0948)22-5655
FAX.
(0948)23-0536
マップが表示されない場合は、ブラウザのJavascriptが有効になっているかどうかお確かめ下さい。
pagetop▲